WEDGE

迷いながら自問する日常。書くことで未来を紬ぐ。

会いたい人に会いに行く

新年度が始まった。

タイムラインには元気一杯、やる気いっぱいの書き込みで溢れてる。

春を感じるひとつ、だったりする。

 

でも私は書かないんだ、そういうこと。

書けないんだ。

出だしにいいこと書いて、崩れて言った自分のトラウマがある。

過去の記事を見ると虫唾が走るほどだ・・・

もう、口先だけいいこと言って人に言えないようなことはしたくない。

だから、この時期パワー溢れることを体が受け付けられない。それは、他を否定することではなくて、自分のやり方がこうした方があっている…と、わかっているからだ。

 

毎日輝いていたり元気溢れたりすごくなくていい。当たり前のことを、ひとつひとつひしひしとやる。

 

最近は、会いたいと思う人、会いたいと言ってくれる人たちにあって元気をもらっている。

なにか、利益があるわけでも特別なわけでもない。

でも、会いたいと言ってくれることが特別なんだと、そういう当たり前のようで実は当たり前でないことをひとつひとつ大切にしたい。