WEDGE

迷いながら自問する日常。書くことで未来を紬ぐ。

手をにぎる

朝、下駄箱に行くと、昨日書いたあの“坊や”に会う。

寒さで手を真っ赤にして。

手袋してこなかったの?と聞くと、今朝の雨で濡れちゃうから手袋はしてこなかったと。

彼の手をにぎると冷え冷え。

握ったまま一緒に教室まで行く。

言葉はかけなかったけど、昨日は元気をくれてありがとうという思いで、真っ赤な手を握って。

 

私は決まって朝出会う子には「朝ごはん食べた?」と聞く。どんな子でも答えてくれる。答えはいろいろだけど、返事してくれる。それで、その坊やにも聞く。

「今日ね、寝坊しちゃって、ご飯が食べたかったけどパンにしたの。ご飯たべれなかったけれどまぁいいかできたの」

小さい体のあの子が少しずつ、折り合いをつけて現実を受け入れている。今日もまた、じわじわくる。

『それで、寝坊って何時に起きたの』なんで聞くと「6時半!」

 

・・・うぉい!(笑)

 

小さい寒さで真っ赤になった手は、元気よく離れていった。

今日も彼に元気付けられる。

 

私は彼のファンなのかもしれない。笑