WEDGE

迷いながら自問する日常。書くことで未来を紬ぐ。

普通の人と一流の人の違い

一流の音楽を生で聴いた。

授業と似ていて、ライブでしかわからない空気がある。

 

ヴァイオリンの演奏者は美人でカッコよかった。

聴きながら、同じ人間なのにどこで差がつくのだろうと考えていた。

 

例えば有名ではないが教師もすごい力のある人もいる。すごい人とは何が違うのか。

自分なりの考えは

 

①自分の実践を記録として残せる

②記録することを続けられる

③内省力が高く、質の良さを求めていける

④発信力がある

⑤たくさんの人と繋がり、情報を持っている

 

あげたらきりがないかもしれないが、今思うのはこういうこと。

今自分にできていないのは、①、②だろう。

記録し続けていく。そうするとたぶん③に繋がる。

続けることは簡単そうで難しい。

一流にがつがつとなりたいわけではない、有名にもなりたいわけでもない、でも、実力がないのは嫌だ。

 

少しずつの積み上げが将来に繋がるのだろう。

自分の中での続けていくこととに少し真剣にならないといけない。

 

それと、一番大事なのは“楽しそうにやること”だと、見ていて今日すごく感じた。