WEDGE

迷いながら自問する日常。書くことで未来を紬ぐ。

月初めに考えていること

この二日間はどうもモチベーションが上がらない。

そういう日があってもいい、と思っているし子どももそういう状態だったりする。

一年先のことはわからないことが多い、まして、一ヶ月先でも考えが変わることだってある。月初めのこの日に、5月スタートで考えていることを書き出してみる。

 

○課題読書3冊

年間50冊読もうと決めている。そのために、最低でも3冊はノルマにしている。計算が合わないと言われそうだが、足りない分は長期休暇で補うつもり。

今月も読みたい本(前半)は決定済み。詳細は、手帳に記すとする。

 

○授業記録

終わったあとに、欠かさずその日のうちに「やったこと」と「成果・課題」を残す。通常学級と違い、2時間終わるとまた次の新しい子どもたちが来て、学習が切り替わるので、負担にならない程度に未来の自分がより良い授業を提供できるバトンが渡せる程度に書く。こちら、継続できている。

 

○日記

日々の業務に疲れ果てて毎日五分が続かない。4月を過ごしてみて課題かな、と思う。意図的に続けられるよう、ルーティン化をはかるつもりで挑む5月。

 

○その他

・部屋の壁のホワイトボードをもう少し、活用できる方法を連休中考え、実践する。

・個人通信を計画的に出す。

 

こんな感じが今、自分の考えていることだと思う。

かけない部分や、振り返りは、手帳にする。公開する部分塗装でない部分の線引をしっかりする。書くことをやめない。続ける。

 

昨日はいい番組を見た。

「自信を持つこと」、「自分を守れるのは結局、自分だけ」というキーワードを受け取る。いまより少し、自信をもって傲慢にならない程度に生活できる5月にしていこう。