WEDGE

迷いながら自問する日常。書くことで未来を紬ぐ。

少しずつ少しずつ

昨日から少しずつ仕事に体を慣らす。

昨日は、今日の特支の講師の資料とスライドを作った。

70枚もあると言ったけれど、それは時間が足りなくなった時の安心材料であって別に枚数が終わるとか終わらないとかあまり関係ないと思っている。誰かの真似して台本を作ろうとしたが、台本を作ったところで今度は台本通りに喋れないとパニックになるのでやめた。

ある人から見れば準備が不十分なんて言われそうだが、一番は自分が安心して問題なく終えられることである。

資料もスライドではなくてワードで別のものを作った。この資料を配布した瞬間自分の講座なんて終わったと思っていいんだけど、それじゃあダメか…。

 

そもそも人前で話すことは好きではない。子どもの時から好きではない。発表とか大嫌いだ。じゃあなんでこの仕事してるんだろうか。

 

大人相手に話すと裏を考えてしまったり、損得で関わることが多いから嫌なのかもしれない。ダークな部分が出て来て話がずれたからこの話はおしまい。

 

結局、今日も朝から資料を見ていたけれど、やっぱり削ってスライドは情報を減らそうと思った朝だった。