WEDGE

迷いながら自問する日常。書くことで未来を紬ぐ。

全ては関係性から始まる。

 来週の初任研の準備や、特別支援の学級特有の雑務諸々のため、昨日は結局みんな遅くまで残っていた。週末に近づくにつれて、日数✕疲れの感じで比例していくので、まずは休む。たくさんではないけれど、それなりに休めているし、休む時間を一番確保しようとして意識している。意識することが大事なのだと思う。

 

 先日のミニ校内研修では、若い先生が「関係性を大事にしている」と話していた。私自身も、先日初任の先生に同じようなことを言った。この前、たまたま開いた青山先生のご著書にもそんなことが書かれていた。

 そんなに意識はしていなかったのだけれども、特別支援に所属して仕事をしてからこの関係性について実は一番意識していたことに最近気がついた。

 話す時、上から話すのか、目線を合わせて話すのか・・・これも使い方次第。意識することで、技になる。個別の学習の時、向き合って始めるのか斜めの位置関係で座るのか。

 もともと、心理学部だったからか、パーソナルスペースとか距離感とか、どの位置に座るのかとかそういう細かいことにかなりこだわっていた自分がいたことを最近強く感じる。関係性に関わる心的要因のテクニックは大学で学んだ。けれど、相手は生身の人間であって、ロボットではないのでマニュアル通りにはいかない。

 

 ただ、そういう関係性を意識していると、普段の関わりや授業の作り方、流し方が少しずつ変わってくることを感じている。

 

 少し前までは、こだわりというのは、良くないものに捉えていたけれども、このこだわりがその人を作る大事な要因、信念みたいなものなのかなと思うと、さいきんはこだわって取り組むことが増えてきた。

 

 そんなまとまりのない文章を書いた朝。

 今日は雨。チャリはむりかな。