読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEDGE

迷いながら自問する日常。書くことで未来を紬ぐ。

人生は一点突破

 昨日は久しぶりに遅くまで仕事をした。初任の人が何となく遅くまで一緒に残っていて、一緒に帰った。お喋りをする時間がたくさんできて、昨日の朝に書いた悩みが少し解決した。一時で終わるような悩みではないけれど、これからもおしゃべりしていこうと思う。

 

 昨日は感情の動く日だった。憤りとか悲しさとか、そう云うものを強く感じた。流石にここには書かないけれども。

 自分のしている仕事とはそういうことなのだろうと思う。目の前にある課題、仕事を愚直にしていくしかない。課題の多い子達でも幸せに教室で過ごせることを真剣に考えたいと切り裂けるような思いが突き刺さった日だった。

 

 先日、父と話していて『徒然草』の話題になった。父のすごく昔のエピソードを聞いて、読みたくなり、購入した。勉強嫌いだった私は、古典も真面目に受けなかったけれどもこれなら読みやすい。

 

『人生は一点突破』

 若い間は、あらゆる分野に関して一人前になり、その道で大成し、また芸能も習得し学問もしようなどと、将来にわたる遠大な計画を心に抱いているものだ。

 ところが、その一方で自分の人生は先が長いと、のんきに考え、なすべきことを怠り、目の前の雑事ばかりとらわれて月日を送ってしまう。だから、何一つ達成できないまま年老いてしまう。結局、なんの専門家にもなれず計画通りに出世も出来ず、後悔しても年齢は取り返せないから、走って坂を急降下する車輪のようにみるみる老衰していくのだ。

 こんなわけで、一生の間に、大事な人生目標のうちで、それらの重要性をよく比較・検討し第一の目標を決定したら、それ以外の目標は破棄して、ただ一時だけに専念しなければならない。一日の間にも、一時の間にも、やるそれに全身全霊をささげ、それ以外は全て切り捨てて何よりもこの大事を急がなくてはならない。

 どれもこれも捨てがたいと、執着するならば、間違いなく一時も達成できなくなるのだ。

 

 人生は一点突破ーーある者、子を法師に(第百八十八段)

徒然草 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

徒然草 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

 

 

 

 少しずつ、地盤を固めていく。自分に大事なものを自分で選び取って決めていく。仕事もプライベートも。大事なものは側にあって、遠くに行かなくてもその大事なものが何かは足元を見れば見つかるはずだ。

 先日iPhoneからFacebookTwitterのアプリを消した。いろいろなことが快適に回る。自分がどれだけ遠くのもの、様々なことに手を付けたがり、欲が出ていたのか分かる。そして、様々な情報に縛られていたのも分かる。情報過多の時代に、果たしてこのたくさんの情報を受け取ることは必要なのだろうか。本当に自分に必要な情報は、ごく僅かなものなのではないだろうか。

 いろいろな情報を真面目に受け取ると、本当に大事な情報、事柄、自分が本当に突き詰めていきたいことさえも見失い、あれもこれも手を付けたくなる。まさに、徒然草の内容だ。

 もちろん、SNSで大事なつながりもある。切ったわけでもない。これからも仕事を一緒にしたい人はたくさんいる。けれども、いまは情報に縛られすぎてそのたくさんの情報を真面目に受け取り息苦しさを感じていたのは間違いない。少し大人しく、じっくり足元を見つめて過ごす時間を歩んでみようと思っている。そして、一点突破を目指してみたい。