WEDGE

迷いながら自問する日常。書くことで未来を紬ぐ。

足元を見続ける

セミナーに参加したり本を読んだりすると、同じ教師でも著書を出している人、絵本を描いている人、いつも講師で呼ばれる人、、、やっぱり私とは違う世界の人たちだとふと思う時がある。

 

今は、自分が何をしたいのか、どこへ行きたいのか、きちんと足元を見つめ、もう少し、もう少し、自分との対話が必要なとき。