WEDGE

迷いながら自問する日常。書くことで未来を紬ぐ。

私にとっての面白いとは

面白いとはなんだろうか。 心理学と同じで、氷山の一角で自分が分かっている面白さと、分かっていない面白さがある。 筑波大での2日目の講座が歴史から学ぶだった。大抵のことは過去の人がすでに考えている。これは面白かった。私の根本的な部分でやはり、…

収納とはほぼいらないもの

どこかで読んだけど、収納されたものは見えなくなり使わなくなる。忘れた頃に、こんなもの持っていたのかというものがほとんどだということらしい。 収納とはいらないものに近い。 人生に必要なものは本当に一握りだ。 自分の物の多さがまるで自分の人生を物…

日常を取り戻す

気がついたら7月になっていた。 今年も半年が過ぎた。 6月は早起きも大して出来ず、自分で決めた読了数もクリア出来ず、記録も滞った。 そういう気持ちが上がらない時は、無理しちゃだめなこともわかっている。 誰かの為に頑張っているわけでもない。自分…

第2回 プロフェッショナル"教師の仕事力" あかはな先生流 子どもとの関わり方

昨日はこちらに参加。 副島先生の話を聴くのは2回目だと思う。 毎年話を聴いておきたい人が何人かいるのだが、副島先生はその1人。魂で語る方だと思う。また、副島先生の話を聞くのは勇気がいる。絶対涙するとわかっているからだ。苦笑 今回も、ご多分に漏…

この足で踏み出せば

慌ただしい一週間だった。 それはいつものことだけれど、忙しさも毎週色が違う。学校現場とはどうしても新しいことをたくさんやって先生たちは疲弊していくのだろうと思う。思っているだけだけど、その中にいて自分が倒れずやっていく方法をいつも考えている…

ちゃんと調べて、正しい情報にアクセスする

情報過多の時代。 私自身たくさんの書き込み、情報に右往左往して疲弊することが多い。 自分から情報に触れることを減らしたり、時に必要な時は情報量を増やしたりする。 そして、それらの情報が本当なのか、という批判的な視点も必要だ。 そんな前置きは置…

君は 視線そらさずに 前を見てるから

昨日は、心許せる友人と語った。 たくさんのことを。 ちょっと前までは毎月泊まりで例会をしていたのだけど(笑)久しぶり。 この前のファシグラの会で『話したくない人はいない。みんな自分のことや考えていることを話したいんだ。』と石橋君が言っていたセ…

忙しさの中に見つけるもの

私の場合、発信が減るということは、メンタルダウンのパターンが多い。 最近も、Facebook、Twitter、インスタ・・・ほとんど発信していない。が、ここ最近の浮上してない率はメンタルダウンではない。忙しいのだ。笑 忙しくて、そういう外部に接続する事に気…

あの場所からずっと動けないでいたけれど

自ら動く人の周りには、情報も人も自ずと集まってくるような気がする。 最近、思い当たるエピソードが幾つかあるのだが、その一番ベースは過去の自分が見えているということなのかもしれない。 実習の時は、聞かないと動かないような指導教官だった。私と5…

『あなた』に武器を!〜教育✕ファシグラ〜

昨日はTeach For Japanで行われた『あなた』に武器を!〜教育✕ファシグラ〜に参加した。違う研修会に行く予定だったが、そちらをキャンセルしてこれは行くしかない!と直感が言っていた。 教員の参加が少ないことも言い方は変だけれども逆に嬉しくて面白かっ…

学びの楽しさがそこにある。

昨日から、特別支援教育士の講義に参加した。 巡回校に行くと、ただ特別支援に3年ほど関わっていただけなのにたくさんの先生から相談されたり、支援のアドバイスを聞かれたりする。特別支援の免許もない。でも、専門家とか言われる。知識が追いついていけて…

還元するとはこういうことなの、か

自己申告とかに、「学んだことを職場に還元できるように」とか書くのだけれど、そういうことをしている実感がいままでなかった。 昨日は、放課後、初任の先生の月曜日なんと1時間目にある授業をきっちりじゃないけれど、こんな感じで流すみたいな大体の流れ…

全ては関係性から始まる。

来週の初任研の準備や、特別支援の学級特有の雑務諸々のため、昨日は結局みんな遅くまで残っていた。週末に近づくにつれて、日数✕疲れの感じで比例していくので、まずは休む。たくさんではないけれど、それなりに休めているし、休む時間を一番確保しようとし…

地に足をつけて、愚直に歩む。

どんなに研究会に行っても、どんな本を読んでも私にはそれは間接的なものでしかない。しかし、知識や歴史を知ることで、自分自身に深い学びが起き、系統的や体験的に得たものと真摯に向き合える。 それは、どれも現場、自分の職場が前提にあるから、どういう…

教材提示のしかたを考える

昨日は今週始まって2日目なのにとても疲れていた。暑さにかなりやられている。 こういう日は休むことだけ考えたほうが良い。帰ってやることを済まし早々に寝た。今朝は3時に起きられた。スッキリ。しかし、起きても暑い…夏の立場はどうなることやら。 昨日…

授業をみる

日の出がずいぶん早くなった。少し前までは、この時間も電気生活だったけれども、朝日が嬉しいのでカーテンを開けて今日から過ごしてみる。 初任の先生の研究授業の期日が迫っている。先週から月曜日は、その先生の前段階の授業をしている。 授業というのは…

場作りを考える

昨日は、日本ファシリテーション協会東京支部の例会に参加した。 私がいま、やりたい、学びたいと思っていることの柱が3本ほどある。そのひとつがファシリテーションだ。 昨日の課題は難しく、色々なグループで、まず課題の確認が始まっていた。笑 参加者と…

本は人に会える時間

私には、毎日のように思い出しずっと引っかかっていたエピソードがあった。 先日、とある人達とすごく久しぶりに再開した時があった。久しぶりなので、それぞれが何をしているか話すことになった。私も特に隠すことなく特別支援に関わって仕事をしていること…

それでも明日はやってくる。

長い長い一週間だった。 悩み続けた一週間だった。でも、また来週も悩むんだと思う。 「どうしたら面白い授業ができるのでしょうか」『人生を肯定することだと思うよ。色々あるけれども、最終的には人生を肯定することだと思う。そこを根っこにして授業を作…

のみのば

昨日は、いつからだろう…去年くらいから「飲み会集団・飲みの場」という名前(パロディーにしているのにあまり気づかれていない…)で、懇意にいていただいている国語の先生とフリーランスの先生と3人で飲んだ。今年から、意識的に例会を開こうと割りと熱心に…

人生は一点突破

昨日は久しぶりに遅くまで仕事をした。初任の人が何となく遅くまで一緒に残っていて、一緒に帰った。お喋りをする時間がたくさんできて、昨日の朝に書いた悩みが少し解決した。一時で終わるような悩みではないけれど、これからもおしゃべりしていこうと思う…

初任者に何ができるのか考える日々。

自分のキャリアを3年や4年で一区切りとする人がいるように、私自身のキャリアは5年で一区切りとした。というか、今年の年度末は本当にそうしか思えないようなことがたくさん起きた。それはほとんど、5年で一区切りと考えなさいとまるで啓示されているよ…

函館の知的障害者施設のこと。

昨日は、『この子らを世の光に』のことを書いた。面白くて毎日、とにかく時間を捻出して読んでいる。 どんどん読み進められる本だ。ちょうど母が生まれた頃の昭和の年号がいつも出てくるから、母の時代は・・・なんて思って読んでいる。(勝手に) 本もそろそ…

プロフェッショナル。

昨日は、プロフェッショナルの放送日だったけれど、私は見たくて録画ておいた田中将大選手の回を観た。 『氣持ち』 マー君は毎シーズン、グローブに文字を刻むことをお願いする。デビューの時からからわない言葉だそうだ。自分を貫くとは、こういうことなの…

運命と感じてしまうなあ。

糸賀一雄『この子らを世の光に』を読んでいる。 今日も通勤中の電車内で読んでいた。 この子らを世の光に―近江学園二十年の願い (1965年) 作者: 糸賀一雄 出版社/メーカー: 柏樹社 発売日: 1965 メディア: ? この商品を含むブログを見る 半分くらいは読んだ…

今日の出来事

といっても昨日の出来事。 お題スロットから。 バイオリズムというものがあるらしい。多分良くないと思ったら、本当に良くなかった。 昨日は、遠征して行こうとした研修会も行けずにキャンセルした。 色々手配していたけれど、そういう気持ちになれなかった…

やめるのとあきらめるのとでは 次の道が変わってくる

今日はあることをやめた日。 先日も書いたのだが、最近の私は無理はしない。そして、自分のそういう芯をきちんと持つことが私が壊れないでいられるのだと思う。 やめただけ。またやるのだ。 諦めたわけではない。 私はこの仕事をするようになってから、降車…

他者と関わる大切さを教えてもらった

今週は休み明けのせいかすごく長い一週間に感じた。外に出向く日も3日あって、憔悴した。昨日も、帰ってきてからの記憶があまりない。そんな一週間だったけれど、素敵なこともあった。 今週は私の提案で、レゴワークを一週間、中学年のグループに取り入れて…

むりはしない。

『がんばらないことをがんばる』なんて変な言葉なのだけれど、最近よくつぶやいている。こうでもしないと頑張ってしまう自分がいる。 単純に云うと、頑張ることをしないでいる。 お酒も飲んでいない。飲むといつも飲みすぎてしまう。飲むのは好きだが、なに…

『僕が自閉語を話すわけ』までを読んで。

片倉信夫先生の、一連の四冊を読んだ。 はじめは、「僕が自閉語を話すわけ」の感想にしていたのだが、一冊だけのピックアップが難しくなってタイトルを変えた。 これは、自閉症へのハウツー本ではない 変な話でわからないと思うが、自閉症を「自閉症」とみる…