WEDGE

迷いながら自問する日常。書くことで未来を紬ぐ。

つぶやき

はじまる。

二学期が始まる。長い長い84日間。 昨日は、始業式。 学期が終わり、始まるということは、どの子にも、もちろん大人にも気持ちの切り替えになる。 少し前までは、戦いが始まるなんて思っていたし、周りの大人もそう云うから、人のせいにしちゃいけにいけどそ…

有名や一流でなくても。

今週からすこしずつ、社会復帰のリハビリ(笑) 今週は市内の特別支援に関わる悉皆研修の講師をした。一番学んだのは、私だったと思う。終わってから、膨大な資料に驚かれたのだけど用意するってことは全部に目を通したり、間違ったことを言えないという責任…

少しずつ少しずつ

昨日から少しずつ仕事に体を慣らす。 昨日は、今日の特支の講師の資料とスライドを作った。 70枚もあると言ったけれど、それは時間が足りなくなった時の安心材料であって別に枚数が終わるとか終わらないとかあまり関係ないと思っている。誰かの真似して台…

わたしが私であるために

昨日は医療保育士の方のお宅にお邪魔した。 どこか引かれ合うところがあって、会いたいと思った時はお互い潰れていたり、凹んでいたりすることが多い。苦笑 会って話を聴いてもらってハグして元気をもらう。これがいつもの流れ。 話すととてもあったかい気持…

足元の大切なものに気がつくために

法事や帰省の予定が終わると、殆どなにもない。 なにもないというのは語弊があるが、自分の縛られている用事がなくなる。これからは、自分がやりたい用事だけになる。 この夏は全部はできなかったけれど、会いたいと思う人、場所に訪れようと思う。 勉強会で…

偶然の連続が必然的になるとき

大学での連日の集中講義では専門用語がたくさん出てくる。 昨日は、嫌子消失、強化子、両側検定、片側検定とか、有意確率、アセスメントバッテリー…などなど。 私に取っては、全部聞いたことがある単語ばかりだ。それは、私が心理学部出身だからだろう。 昨…

収納とはほぼいらないもの

どこかで読んだけど、収納されたものは見えなくなり使わなくなる。忘れた頃に、こんなもの持っていたのかというものがほとんどだということらしい。 収納とはいらないものに近い。 人生に必要なものは本当に一握りだ。 自分の物の多さがまるで自分の人生を物…

ちゃんと調べて、正しい情報にアクセスする

情報過多の時代。 私自身たくさんの書き込み、情報に右往左往して疲弊することが多い。 自分から情報に触れることを減らしたり、時に必要な時は情報量を増やしたりする。 そして、それらの情報が本当なのか、という批判的な視点も必要だ。 そんな前置きは置…

君は 視線そらさずに 前を見てるから

昨日は、心許せる友人と語った。 たくさんのことを。 ちょっと前までは毎月泊まりで例会をしていたのだけど(笑)久しぶり。 この前のファシグラの会で『話したくない人はいない。みんな自分のことや考えていることを話したいんだ。』と石橋君が言っていたセ…

あの場所からずっと動けないでいたけれど

自ら動く人の周りには、情報も人も自ずと集まってくるような気がする。 最近、思い当たるエピソードが幾つかあるのだが、その一番ベースは過去の自分が見えているということなのかもしれない。 実習の時は、聞かないと動かないような指導教官だった。私と5…

函館の知的障害者施設のこと。

昨日は、『この子らを世の光に』のことを書いた。面白くて毎日、とにかく時間を捻出して読んでいる。 どんどん読み進められる本だ。ちょうど母が生まれた頃の昭和の年号がいつも出てくるから、母の時代は・・・なんて思って読んでいる。(勝手に) 本もそろそ…

やめるのとあきらめるのとでは 次の道が変わってくる

今日はあることをやめた日。 先日も書いたのだが、最近の私は無理はしない。そして、自分のそういう芯をきちんと持つことが私が壊れないでいられるのだと思う。 やめただけ。またやるのだ。 諦めたわけではない。 私はこの仕事をするようになってから、降車…

むりはしない。

『がんばらないことをがんばる』なんて変な言葉なのだけれど、最近よくつぶやいている。こうでもしないと頑張ってしまう自分がいる。 単純に云うと、頑張ることをしないでいる。 お酒も飲んでいない。飲むといつも飲みすぎてしまう。飲むのは好きだが、なに…

芸術にはまる日々

連休が終わる。 カレンダー通りの連休なので、9連級でもなく、ゴールデンウィーク前半などということばは馴染みがなかった。けれども、あえて云うならば、ゴールデンウィーク前半から後半にかけて芸術にはまる日々だった、、、と、思う。 美術館もいくつか…

会いたい人に会いに行く

新年度が始まった。 タイムラインには元気一杯、やる気いっぱいの書き込みで溢れてる。 春を感じるひとつ、だったりする。 でも私は書かないんだ、そういうこと。 書けないんだ。 出だしにいいこと書いて、崩れて言った自分のトラウマがある。 過去の記事を…

言葉の裏

今日明日は連日で出張なのだ。 今日は出張名前にすれ違ったのに「あ〜」とか言ってわざわざ戻ってきた坊やが抱きついてきた。 「一週間ぶりだよ〜」なんて覚えていて髪を切ってカッコ良くなりながら、可愛い顔していってくる。 この子は、運動会の時に 「わ…

傾き聴く

相手の感情に傾いて聴くと わからなかった知らなかった思いに触れることがある。 忙しい現場だと、それがおざなりになるけれど 今日は和解できた日だったと思う。 いい日だった。

手をにぎる

朝、下駄箱に行くと、昨日書いたあの“坊や”に会う。 寒さで手を真っ赤にして。 手袋してこなかったの?と聞くと、今朝の雨で濡れちゃうから手袋はしてこなかったと。 彼の手をにぎると冷え冷え。 握ったまま一緒に教室まで行く。 言葉はかけなかったけど、昨…

ちいさなあの子が教えてくれたこと。

『まぁいいか』という言葉をキーワードに、一年生はここずうっと、折り合いのつけかたを学習⇒般化している。今日も『まぁいいか』の実践ができるかという活動をした。 こだわりが強く、学年一大変だったあの坊やに仕掛けたら、見事引っかかったのだが、「ど…

足元を見続ける

セミナーに参加したり本を読んだりすると、同じ教師でも著書を出している人、絵本を描いている人、いつも講師で呼ばれる人、、、やっぱり私とは違う世界の人たちだとふと思う時がある。 今は、自分が何をしたいのか、どこへ行きたいのか、きちんと足元を見つ…

実践を、あさる

記録を続けるということを昨日書き、割と真剣に考えている。 それで、自分もそろそろ書かないといけないと追い立てる。 そこで、以前譲っていただいたある方の20年前の理科の実践や、いただいた実践集など色々読んでみる。実践の記録はすごい。藁半紙で黄…

無題

本当はもっと共有したかった 本当はもっと一緒に考えたかった もう交わることはないんだろうな 思いも声も気持ちも もう届かないところへ行ってしまった。

拓ける

相手との関わりは、 承認 称賛 共感 から始まるのだと確信。 簡単そうだけれど受け入れられないこともたくさんある。 きっとこれがいつでもできたら、もう少し世界は過ごしやすくなるのにと それができない自分に突き刺しておく。